トップページ >オーダーワッペン > フルオーダーワッペン > ワッペン裏・縁の加工

ワッペン裏・縁の加工

ワッペン裏の加工

ワッペンと素材を結ぶ重要な部分です。関源では5種類の加工方法をご用意しております。

クリップ付安全ピン加工

クリップ付安全ピン

1ヶ所150円(税別)~
安全ピンと、ポケットなどに挟めるクリップがついております。
安全ピン加工

安全ピン

1ヶ所100円(税別)~
ピンで取り付けられます。ピンとワッペンは特殊なボンドでおつけしております。
両面テープ加工

両面テープ

1枚50円(税別)~
すぐとりつけられます。イベント用のワッペンなど、一日だけつけるようなワッペンに向いています。
マジックテープ加工

マジックテープ

1枚500円(税別)~
取り外しができます。ワッペン側(オス)と、取り付け位置につける側(メス)と、2枚1組になっております。
アイロン接着加工

アイロン接着

1枚50円(税別)~
アイロンで取り付けられます。
※よく洗濯するものなどにつける場合、アイロンの後、縫い付けをお勧めいたします。

アイロン接着の方法

アイロン接着は、防水加工・撥水加工された素材には取り付けできませんのでご注意下さい。
  1. ワッペンを取り付けたい位置に仮固定する。
    ワッペンの裏側にスプレー糊をかけたり、仮縫いをします。
    (素材の裏側からアイロンをかけるので、ずれないようにするため。)
  2. ワッペンに仮のアイロンがけをする
    取り付ける素材の表側から、取り付ける素材が傷まないようにハンカチ・ガーゼなどの薄い当て布をして、アイロンがけをします。中温位の熱で10秒から20秒位体重をかけるようにするのがコツ。素材を熱で傷めない様に十分注意の上、圧着時間を変えて下さい。
    ※ナイロン素材の場合は特にご注意下さい。熱に弱いため溶けてしまう場合があります。アイロン後ワッペンが熱いうちは剥がれてしまいますので冷えるのを待ってワッペンが剥がれないことをご確認下さい。剥がれる場合はまだ接着が不完全ですので接着温度と時間を増やして下さい。
  3. ワッペンを本接着
    本接着は取り付ける素材の裏側からアイロンをがけをします。当て布をすることを忘れずに体重をかけてしっかり圧着下さい。ワッペンの厚さより素材の方が薄い場合この作業のほうが、よりアイロンフィルムに熱が直接届きますので効果的にアイロン接着出来ます。
    ※最後にアイロン接着は100%完全な接着ではありません。接着素材や接着の仕方により、数回から数十回の洗濯により剥がれる場合もありますので軽く縫い付けをお勧め致します。

ワッペン縁の加工

数々のブランドワッペンを手がけて参りました関源のワッペンは、縁加工にも定評があります。

ロック加工

ロック加工
布を包むように縁取りをするため、厚みのあるワッペンに仕上がります。
刺繍加工した後、周りをカットして、ロックミシンという縁取用のミシンで縁取りします。楕円や四角、丸など単純な型のみ可能な加工法です。当社でおつくりしている「お名前ワッペン」はロック加工でお作りしております。
加工が可能な生地 レーヨン織地 / メタリック織地 / フェルト / ツイル生地 / 反射生地

ヒートカット加工

ヒートカット加工
ワッペンの形状にそって、熱ペンで溶かしながら縁をカットします。ロック加工よりも薄くお作りすることができます。小さなワッペンや複雑なワッペン形状の場合こちらでお作りいたします。
縁取りの耐久性はロック加工よりもあり、縁が毛羽立つこともありません。 加工が可能な生地 ナイロン織地 / メタリック織地 / フェルト生地 / ツイル生地

鋏入加工

鋏入加工
縁取りをしないため、ほつれのない生地のみ可能です。加工方法が単純なため、一番安価におつくりできます。
加工が可能な生地 フェルト生地

関連刺繍ページのご案内

フルオーダーワッペン・書体詳細
書体
フルオーダーワッペン・生地詳細
生地
フルオーダーワッペン制作例サンプル
ワッペン制作例

領収書に関しまして

銀行からお受け取りのお振込控えを領収書とさせていただきます。
※弊社からは領収書は発行いたしませんので、ご了承ください。

無料お見積もり・お問い合わせ

各お見積もりや、刺繍に関するお問い合わせをお待ちしております。
お返事は、通常48時間以内に返信させていただいております。万一、メールをお送りいただいたにも関わらず当店より返信が届かない場合は、お手数をお掛け致しますが、再度ご連絡下さいます様お願い申し上げます。
無料お見積もり・お問い合わせ
電話:03-3845-3311
FAX:03-3843-5458
Email:info@sekigen.co.jp