トップページ >校旗・団体旗・優勝旗 > 校旗 > 校旗のお手入れ

校旗のお手入れ

母校に対する想い、お子様の健やかな成長への願いを寄せた大切なお金で作られた校旗。

そんな大切にされている校旗でも部材や旗が壊れる事がございます。
特に竿頭などは材質上とてももろく出来ておりますし五脚台が衝撃で壊れてしまう事もあるでしょう。 そのような旗専門の部材が壊れた時も、放置せず関源にご連絡頂ければ修理のご相談に応じさせて頂きます。お電話03-3845-3311までご連絡下さい。

旗の取り付け方

旗の取り付けその1 旗の取り付けその2
●逆輪に紐を通します。
旗の取り付けその3 旗の取り付けその4
●取付紐の先端の房の部分を引っ張らないでください。取れる場合が有ります。
旗の取り付けその5 旗の取り付けその6
■下部の取付紐の結び方
●下部の取付紐の結び方も上部と同じ要領ですが、取付け紐を紐に通す前に飾房を図の様に通し込んでください。

旗のしまい方

  1. 附属の旗用ふとんを旗の風下部に置きます。
  2. 風下部フレンジをふとんの上に折り曲げて折ります。仕上がりが校章部分が折れない様に気をつけます。
  3. ふとんを芯にして、校章が折れない様にゆったりと巻き込みます。
  4. 旗は二枚袷ですから次第にたるみができますが、最終部分を反対に折り曲げれば、たるみは除かれます。
  5. 畳んだ後は必ず旗全体を布で包んでください。温度や湿度の高くなる所に保管しないでください。

新しく校旗をご新調になる方へ

関源は刺繍旗の製造元で仲介業者を通しません。これは価格においてのメリットだけでなく、製作に関わるご要望を直接伺うメリットも含んでいるということです。ご連絡、関源03-3845-3311までお待ちしております。

校旗について詳しくはこちらをクリック

旗や部材が壊れたら

頻繁に使われるものはどうしても壊れたり、古くなって参りますが、竿頭や五脚台など、専用の部材が壊れたらまず関源にご相談ください。

竿頭が壊れたら

接着剤等補修せず、そのままの状態で修理に出してください。
補修すると治せなくなってしまいます。

領収書に関しまして

銀行からお受け取りのお振込控えを領収書とさせていただきます。
※弊社からは領収書は発行いたしませんので、ご了承ください。

無料お見積もり・お問い合わせ

各お見積もりや、刺繍に関するお問い合わせをお待ちしております。
お返事は、通常48時間以内に返信させていただいております。万一、メールをお送りいただいたにも関わらず当店より返信が届かない場合は、お手数をお掛け致しますが、再度ご連絡下さいます様お願い申し上げます。
無料お見積もり・お問い合わせ
電話:03-3845-3311
FAX:03-3843-5458
Email:info@sekigen.co.jp